忘却力

人間の忘却力は凄い

会社で受けていた英会話も終了して英語を使う機会がなくなってしまってしばらく(一ヶ月ほど)経過したところ

以前なら何かを考える時自然と英語が出てくる感じだったのがすっかりなくなってしまった。

これはまずいと思う。

 

自力で地球外移住できない人類

私は今、海外移住を実現するために、あらゆることをしていますが

今のこの文明の人類って、自力で地球外移住できないのかなあ、って、ふと思った。

知恵袋の予言
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10151817970
によれば

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不思議な男の子たちが出てくる話の続きですが、3人の男の子たちがどこから来たのかが分かったらしいです。何億年以上も昔に地球には現代とは違う仕組みのもっと進んだ文明を築いた人類がいたそうです。現代ではまだ発見できていない力のようなものがあって、その力を使って築いた文明だそうです。

物を浮かせたり移動させることができて、何もないところから物を出したり消したりすることもできる力だそうです。そして元々人間や動物、植物には未来から流れてくる情報を受け取る能力(予知能力だと思います)が備わっていて、その能力を増大する機械のようなものがあって、その機械のようなものが男の子たちが持っていた不思議な音の出る容器みたいなものだそうです。

そして現代の文明がその力を発見して進歩できないとあと100年もしない内に滅んでしまうらしく、過去にも何度か消えてしまった文明があったそうで突然大きく変化した宇宙の影響で地球の状態が激変して滅んだそうです。
3人の男の子たちはその力を使ってこの宇宙とは違う別の宇宙(地球だったかも)へ移住できた人類の子孫だそうです。文字や図形が描いてある布や石にその力の法則のようなものが記載されているそうです。まだ発見されていない遺跡が地下深くにあってそこにあるはずと友人は言っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おそらく異次元の地球(新しい天と地)への移住。

バックアップ地球についてはここにも記事がある
http://kamikotokai-b.jugem.jp/?eid=527
「五輪終」というのも気になる言葉だが

これがいわゆるスピ界や宗教で言われるアセンションだと思うけれど、

しかし、スピリチュアル界では「一度死んだ後に天国に行く」とか「神の国へ行く」とか、スピリチュアルな言い方をします。

しかし、知恵袋の予言の古代地球の人類は、神々やスピリチュアルというより、進歩した科学力でもって、自力で移住を果たしたようです。

もしかしたら、今のこの文明はレベルが低すぎて、とても高次元地球への科学的な方法での移住は不可能なので、転生と神々の力を借りるという原始的な方法でアセンションしようとしているのでは?

古代地球人は、もしかしたら肉体を持ったまま、、、フィジカルな方法で、移住を果たしたのかも。あるいは肉体を捨てて次元を超える原理すら解明して。

精神性が高かった人類だから、フィジカルな方法でアセンションすることが出来た。
しかし今のこの文明はフィジカルに偏っているので、スピリチュアルな方法でアセンションするしかないのかも。



オスカー・ワイルドワールド

オスカー・ワイルドは二元性を理解していた。

ロマン主義のあらゆる情熱とギリシア的な魂の完璧さをすべて備えた新しい絵画を。精神と肉体の調和だ。なんとすばらしい!我々は狂気のうちにこの二つを引き裂き、俗悪なリアリズムと空虚な観念主義を作り出した。
魂と肉体、肉体と魂、何と神秘的なのだろう。魂はどこか動物的であるし、肉体にはときに精神を感じさせる瞬間がある。感覚は浄化されることがあるし、知性は堕落することごある。どこまでが肉体的衝動で、どこからが精神的衝動だと、いったい誰にわかるだろう?
凡庸な心理学者たちの勝手な定義はなんと浅薄なことか!しかし数ある学派の主張のどれを選ぶかは決めがたい!魂とは罪の家にやどる影なのか?あるいはジョルダーノブルーノが考えたように、肉体は魂の中にあるというのは本当なのだろうか?物質と精神の分離は謎に満ち、物質と精神の融合も謎である。

「ドリアン・グレイの肖像」より

ワイルドにとって、キリストは歴史上「最高の芸術家」であった。キリストは精神と肉体、外面と内面、形式と内容などといったすべての対立物を統合する、いわば「存在の統一性」を達成したロマン主義的な芸術家だからである。

ユリイカ「オスカーワイルドの世界」より

オスカーワイルドといえば同性愛。
歴史の授業で習えなかった同性愛

そういえば、ダブリンでは普通に男同士のカップルが手をつないでイチャイチャしながら歩いてるのをよく見かけたなあ。
でも美しいので、ステキな感じでした。



青学 相模原キャンパス

近くの青学相模原キャンパスを散歩してきた。

だーれも歩いてない。

目が覚めたら 誰もいない世界だった みたいな世界。



ダブリンの街角で

アイルランドの映画と言われても、あまり思い浮かばないのでは?

「ダブリンの街角で」がアマゾンプライムで無料なので観てみた。

 

見覚えのある風景ばかりで、懐かしくなった。



麻賀多神社

本日行って参りました。

三連休なので、ずっと来てみたいと思っていた麻賀多神社へ。

麻賀多神社へ行くのは初です。

昨日は関東で雪が降り、交通機関が止まったら今日来れないのではと心配だったのです。

成田は家から3時間近くかかり、プチ旅行並みの距離なので、どうせなら一泊しようと成田の近くのホテルを予約していたので、直前だとキャンセル料かかるし、、、

でも今日は晴天でよかった〜。

公津の杜駅から四十分ほどかけて歩きます。

のどかな風景が続きます。

岡本天明屋敷跡

麻賀多神社に着く直前に坂道があるのですがそこから見えた木が何となく龍に見えた

ちょうど昨日雪が積もったこともあり、パラパラと細かい水滴が降り注いでいて、より一層神秘的に感じられました。

ご神木は、すごいエネルギーを持っていそうです。

これはまさか、大麻!?

なわけがありません。

帰りはちょうどいいタイミングでタクシーが人を乗せて来たので成田までタクッた。2000円くらい

せっかくなので、成田空港を散歩してきました。

空港に来たら 海外行きたい病が再発。

ホテルにチェックインして驚き。

部屋番号 1123

123

もちろん狙ったわけではありません。

しかも明日は11日建国記念日で、部屋は11階です。

明日も成田観光予定。



恐怖!ペーパードライバー講習

ペーパードライバー講習を受けてきました。

19歳で免許をとってから一度も道路で運転してません!

恐怖!

車の運転なんて恐怖でしかありません!

でも!

今日は頑張って道路を走ってきた。97歳のフィリップ殿下ですら運転できるんだから! そう言い聞かせて。

横浜の道路を走った。

ずっと運転してない割に上手って言われた。

もっと練習してペーパードライバーを克服しなければ!