未分類

ブラックホールの向こう側からやってきた「光の反響」を初観測。

投稿日:

https://japanese.engadget.com/light-behind-a-black-hole-205051497.html

スタンフォード大学の宇宙物理学者でダン・ウィルキンス氏が率いる国際的な研究者のチームは、ブラックホールの向こう側で発せられ本来なら見えないはずの光を観測することに成功したと発表しました。

チームは、I Zwicky 1 (I Zw 1)と呼ばれる地球から約8億光年ほど離れた場所にある銀河にある超大質量ブラックホールの周囲から放出されるX線のフレア(コロナとも呼ばれる)現象を観測しました。そして、今回の発見は、ブラックホールの事象の地平線を取り囲む、明るく神秘的なX線の光の詳細を知るための調査の一環として行われました。ブラックホールの重力波光にさえ影響し、そこに入った光は反射などで出てくることはありません。したがって、ブラックホールの後ろにあるものは見えないはずだとウィルキンス氏は説明します。しかしなぜそれが見えたのかといえば、それはブラックホールが光を曲げ、時空を歪め、周囲の磁場をねじ曲げる力が作用するから。

天文学者たちは、コロナは、ブラックホールに絶え間なく落ちてくるガスが、ブラックホールの周りに回転する円盤から発生するものだと考えています。このガス円盤は数百万度に加熱されて磁場を発生させ、ブラックホールの回転によって結び目やこぶのような部分を生じます。

こぶの部分では磁場がねじれ、円盤がちぎれてしまいます。そうすると、磁場に蓄えられていたエネルギーが一気に放出され、X線をフレア的に発生させる高エネルギー電子のコロナが生成される…というしくみ。

>超大質量ブラックホールの周囲から放出されるX線のフレア(コロナとも呼ばれる)

コロナというのか。

 

 

真の光は、闇から生まれる。

一見厄介なコロナウィルスも 歪んだ社会を終わらせ この世の建て替え立て直しの実行者である。

 

  • この記事を書いた人

314

-未分類

Copyright© 世界がπになりますように , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.