オリンピック

聖火到着式でハプニング 新幹線停止で五輪相ら遅刻

投稿日:

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/torch-relay/news/202003200000219.html

東京オリンピック(五輪)の聖火到着式が20日、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地で行われたが、東北新幹線が強風で一時運転を見合わせたため、橋本聖子五輪相、萩生田光一文科相、田中和徳復興相、多羅尾光睦東京都副知事、組織委員会の遠藤利明会長代行らが式典に遅刻するハプニングが発生した。

橋本氏らはこの日朝、東京から東北新幹線に乗車。仙台に向かう道中で、強風で新幹線がストップ。一行はパトカーの先導で急ぎ会場を目指した。

到着式は午前11時から開始予定だったが、橋本氏らの到着を待つため20分遅れの午前11時20分に変更。それでも間に合わず、到着式の終盤にあたる午前11時35分過ぎに会場に滑り込んだ。橋本氏、多羅尾氏のあいさつは取りやめとなった。

  • この記事を書いた人

314

-オリンピック

Copyright© 世界がπになりますように , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.