オリンピック

ブルーインパルスが描こうとした五輪のシンボルが強風で崩れる

投稿日:

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/03/20/kiji/20200320s00048000253000c.html

東京五輪の聖火到着式が20日、宮城県の航空自衛隊松島基地で行われた。

 ランタンに入れられた聖火を積んだ特別輸送機「TOKYO2020号」はアテネ空港から午前9時36分に到着。同11時20分ごろからセレモニーが行われた。

 新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大を受けて大会そのものの開催が危ぶまれる中、大会組織委員会の森喜朗会長は「国際オリンピック委員会(IOC)と国、東京都と緊密に連携し、WHO(世界保健機関)の助言を踏まえて安全安心な大会の準備に全力で取り組んで参ります」とあいさつ。レスリング女子の吉田沙保里さんと柔道の野村忠宏氏の金メダリストコンビが聖火皿に点火した。

 セレモニーには女優の石原さとみとお笑いコンビのサンドウィッチマンも出席。盛り上げに一役買ったが、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」がカラースモークで空に描こうとした五輪のシンボルは強風で崩れ、橋本聖子五輪相ら複数の出席者も新幹線のダイヤが乱れて到着が遅れるなどハプニングに見舞われた。

  • この記事を書いた人

314

-オリンピック

Copyright© 世界がπになりますように , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.