567は光

567は光 

 

567 それは闇から生まれた光である 

 

世界を変えるため、進化するため、救うため 

 

宇宙の意思により生み出された光 

 

コロナウィルスは複数ミクロコロナであり陰である 

太陽コロナは単一マクロコロナであり陽である 

 

これらは対になる存在である 

 

一つの大きな真実と 無数の小さな真実により この宇宙は成立している  

その二つが和合した姿が、ミロクである 

567 = ミロクであると予言した大本教

 

 

人類浄化のため まずはミクロコロナが出現した 2020年という年に 

そして次はマクロコロナが 必ず出現する 

 

それは既に 視える人には視えている 

これから人類に襲いかかるであろう巨大太陽フレア 

 

聖書の預言では 

人間が太陽の火で焼かれる、とある 

 

ヨハネの黙示録 16:8-9  

次に、第四の天使が鉢を太陽にぶちまけました。すると太陽は、すべての人を火で焼く力を得ました。 人々は、その激しい炎熱に焼かれながらも、なおその心や態度を改めて、神の栄光を恐れようとはせず、かえって、災害をも支配される神の御名をのろいました。 

 

 

まだ、終わりの始まりに過ぎない 

これから 世界は本格的に終わりへと突入する事になる 

 

 

皆既日食の際に 神の本質を垣間見ることができる

それは極限の闇、無であるが、その周囲に光のリングを目視できる

以下、金神の艮の文(トドメノフミ

日(じつ)、月(げつ)、地(ち)、一直線に結ばれん、
その日、その時天空に巨大な黒ぞ顕われん。
大神(おおがみ)様(さま)こと主(す)の神の神聖極まるご正体。
元極体主王大御神(むとふみくらいぬしおおかみ)のご出御座(しゅつぎょ)、
黒ぞと申すぞよ。
真っ黒、黒の大太陽、人なる世界の天空に顕われ出たりたその時は
畏(かしこ)み慎(つつし)み拝(おろが)めよ。
大地も黒ぞと申すぞよ、上下黒の挟(はさ)み撃(う)ち、逃げ失せる事はできんぞ
よ、これまで人類汚したる、海、山、大地、空とても、
黒なる世界の中に入り大洗霊を仰ぐのぞ。

投稿日:

Copyright© 世界がπになりますように , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.