警告

これから大災害が起きる地には避難が促される@調布

投稿日:

神の愛により

これから大災害に見舞われる地域に対しては 事前に何らかの形で退避が促される。

すでに東京全域にはコロナにより退避が促されている。

 

調布

涙ぐむ調布の住民、愛着ある家の取り壊し「想像できない」…地盤への怖さ残る

 

現場近くでは約2か月前から引っ越していく家が増えたという。防犯面も考慮し、同社は順次、仮移転などで合意した建物の解体を始め、地盤補修工事に取りかかる。並行して、陥没以来ストップしているトンネル工事の今後の施工方法をまとめ、住民に説明する。

 ただ、新たな不安の種もある。地盤補修の対象外の場所でも、地盤の緩みが指摘されたのだ。

 芝浦工大の稲積真哉教授(地盤工学)は9月下旬、事故後に地面のひび割れなど被害が起きた民家の敷地4か所で地盤調査を実施。いずれも地表から深さ5メートル程度までの地盤が弱く、このうち1か所でカメラを地中に入れたところ、深さ約1・5~3・5メートルで多数の隙間が見つかったという。稲積教授は「工事を再開すれば、振動で隙間が広がり、再び陥没が起きかねない」と警鐘を鳴らす。

 

地盤を理由に まだ新しい家を取り壊すのは悲しい

しかしこれは明らかに 事前退避を促されています

 

 

http://www.uranai.gr.jp/yochi.html

本日、ひょうたん良先生としゃべっていて、関東大震災の被害について聞いてみました。
発生する時期は、心配する人が多くいるので、言えないと言うことでした。
東京スカイタワーが倒壊するとかは、以前から言っていましたが、ひょうたん良先生が透視すると、東京湾の西側にくの字に 3か所で、巨大火災が発生するということでした。
通常の巨大火災ではなく、地中にある関東ローム層の間にたまっていたメタンガスに引火、ファイヤーボールのようになるということでした。
大きく3か所で発生するそうで、メタンガス引火爆発なので瞬時に火に包まれて、その地域の方は避難することもなく全員焼死するようです。
東京都はどこでメタンガス爆発が起こるかわかっているものの公表するとパニックになるので隠しているとのことです。

巫者の先生は、未来透視で、府中から調布にかけての地域が火に包まているのが見えたと言っていたので、3か所のうちの一か所は、府中から調布にかけての地域である可能性もあります。
昔、別の霊能者が関東大震災を透視して、巨大なクレーターのような穴があいている。と発表している人がいました。そのクレーターこそが、メタンガス引火大爆発であいた穴だとも思われます。

→巫者の先生が、府中から調布にかけての地域が巨大なファイヤーボールに包まれているのを未来透視でみているので、3箇所のうちの一箇所が府中から調布にかけての地域と推測されます。
ひょうたん良先生は、3箇所をつなぐとくの字となると言っているので、さいたま市周辺・府中市から調布市周辺・川崎市から横浜市周辺と推測されます。
これらの地域の方は、地中から出るメタンガスの引火爆発による火災で、瞬時で丸焼けになると思われます。また、巨大クレーターができて、土地の境界などがわからなくなり、復興されず、手付かずで放置されると考えられます。

  • この記事を書いた人

314

-警告

Copyright© 世界がπになりますように , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.