未分類

神々の黄昏とラグナロクと世界の終わり

投稿日:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00010001-wordleafs-spo

マラソンの東京五輪代表を決める最終選考レースを兼ねたびわ湖毎日マラソンが8日、滋賀県大津の皇子山陸上競技場発着の42.195キロコースで行われ、

スタート時の天候は、あいにくの雨で気温9度という最悪コンディション。しかもスターターピストルが計器の不具合で鳴らず10分間遅れるアクシデント。雨中で待たされ体を冷やした選手は一様に「関係ない」と言い訳をしなかったが、大事なレースに水を差す不祥事となった。なお優勝したのは30キロ過ぎから飛び出したエバンス・チェベド(31、ケニア)で2時間7分24秒だった。

そう予備のスターターピストルも作動せず

 号砲が鳴らない。
 スタートと同時に腕時計のタイマーを押そうと構えている選手たちの顔が曇った。
「え?」
「10秒前」のコールが行われ、とっくに、その10秒が過ぎても号砲が鳴らないのだ。

不吉にもほどがある。

そういえば、

https://m-festival.biz/12188

神々の黄昏といえば、世界の滅亡北欧神話のラグナロク。

  • この記事を書いた人

314

-未分類

Copyright© 世界がπになりますように , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.