オリンピック 未分類

強風で消える聖火

投稿日:

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/torch-relay/news/202003200000565.html

東京オリンピック(五輪)の聖火が20日、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着し、この日から同県石巻市内で「復興の火」としての展示がスタートした。屋外展示にあたり、ランタンにともされた聖火から展示用の聖火皿に火を分ける際、強風でランタンの聖火が2度消えるハプニングが起きた。

ランタンの聖火が消えるたびに、スタッフが急ぎ予備の聖火から火を分ける作業を繰り返した。30分以上かかったが、“三度目の正直”で、聖火皿に灯がともると、駆け付けた人々から歓声が上がった。

「復興の火」がともされるまで、会場では、サンドウィッチマンが急きょ予定になかったショートコントを披露。「大丈夫?」と心配しつつ「今、ギリシャまで火を取りに行っています」などとフォローするなど、ひたすら会場を盛り上げていた。

  • この記事を書いた人

314

-オリンピック, 未分類

Copyright© 世界がπになりますように , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.