神話か史実か NHK「皇室の祖先の天照大神」ミス認め釈明

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000093-mai-soci

 

 NHKは9日、上田良一会長の定例記者会見で、先月18日に当時の天皇、皇后両陛下(現上皇ご夫妻)が退位を報告するため伊勢神宮(三重県伊勢市)を参拝された際、当日のニュースで「皇室の祖先の『天照大神』をまつる伊勢神宮の内宮」と報じていたことを明らかにした。

NHKによると、天照大神については「皇室の祖先とされる『天照大神』」などと、史実と誤解されないように伝えることが通例だという。NHKはミスであることを認め、「内宮についての説明で一部、丁寧さを欠いていた。天皇を神格化しようといった特別な意図があったわけではない」と釈明した。

ミスじゃないいんだよね〜これも。

 



ロンギヌスの槍事件

ロンギヌスの槍事件というらしいですね、ネットで。机に刃物が置かれた事件。

私はこの事件、日本という国に対する重大な警告だと捉えていますが

ロンギヌスの槍に似ていたことから ネットではロンギヌスの槍事件といわれているらしい。

あー、、、、

なるほど。

キリスト教国で無い日本がなぜか反キリストに狙われているわけですねー。

ATフィールドを無効化して日本は攻撃されてしまうのでしょうか、、、

ロンギヌスの槍を持つものは”世界を征服する力を得る“という伝説があり

なるほどー。

なるほどー。

日月神示には世界がひとつになって日本に攻めてくるとある

メリカもギリスは更なり、ドイツもイタリもオロシヤも外国はみな一つ(世界統一政府)になりて神の国に攻め寄せて来るから

しかし、既にアメリカは日本を占領しているわけでいまさら攻めるというのが解せなかったのです。
今の状況から考えると中国ロシアはわかるけどそれ以外は? ありえないのではないかと思う。

しかし。

https://ameblo.jp/natsusukimono/entry-12253242167.html
第三次大戦と第四次大戦についての解釈が書かれている

ちょっとなるほどと思ったのです。

 

ていうかロンギヌスの槍を模して日本の象徴を殺すとか、この犯人、オカルト通ですか?

 

隙を突かれた = 脇を突かれた

隙を突かれて日本は攻められるかもしれません

 

 

 



奈良・京都旅行

雨の中2時間待ちで、日本始まりの地、橿原神宮の御朱印。

 

発表の日も、切り替わる日も雨という、不吉な印象。

令和という名前は、好評というわけではないが、何もただキラキラした素敵な名前を付ければいいわけじゃない、、

令和というのは、時代を的確に反映した名前であると思う。



 

飛行機怖い

飛行機って雷平気じゃなかったの?

やっぱり飛行機怖いわ。

 

飛行機怖いと思いながら色々調べていたら衝撃的な動画が。

 

2018年8月10日、アメリカのシアトル・タコマ国際空港でアラスカ航空のグループ会社ホライゾン航空の旅客機ボンバルディアQ400が盗まれ無断で飛行した後墜落した事件での、犯人と管制官(ATC)との無線通信記録の日本語翻訳です。犯人はホライゾン航空の従業員でリッチ(リチャード・ラッセル 29歳)と名乗り、目的は自殺だったと思われますが、終始陽気な口調で会話していました。

割と最近の事件だ。

航空機を盗み墜落させた男は地上支援業務スタッフ、自身の行為に「謝りたい」と交信



 

ケルト十字復活の暗示

ダブリンで購入したケルト十字のオーナメントが、部屋の隅の荷物の下敷きになっていて^^;

なぜか緑色に変色。どうやら湿気?で塗装が剥がれたっぽい感じ。

 

 

二つ買っていたので、もう片方と並べてみた。

見事に緑色に変色。




 

平成最後の日

今日が、平成最後の日。

平成というのは、皆が平等に成功する、ある意味名前通りの時代だったのでは。

ここまで無事に生きてこれたことに、感謝ですね。