読書「人生は何のためにあるのか」

「人生は何のためにあるのか」を読んだ。

人生と人生の間、「あの世」に帰った時の様子を、退行催眠により研究している。

スピリチュアルと共通する部分もあり、興味深い内容だった。
この世に生まれるにあたって、あの世では事前に打ち合わせが行われるという。
人生での重要な出来事、出会うべき人に出会うために、「サイン」が決められるという。転生して記憶は消えるが、その「サイン」であらかじめ決めた重要な出来事を選択しやすいようになっているらしい。