」カテゴリーアーカイブ

人間の意識の瞬き

「連続した世界」は幻だった

私たちは意識しようがしまいが、常に「連続した世界」を体験しています。よって、いつも何かに集中しているようにも思えますが、その考えが間違いであることが新たな研究により示されました。そこでは、私たちの注意のパルス(拍動)は「1秒間に4回」しか発されないというのです。

人間は常に呼吸し、瞬きをしている存在なので。
おそらく意識もそのようなのでしょう。普段意識することはないけれど。

意識していない時、人間は一体どこで何をしているのか。