きょうもグラリ ゆっくりすべり影響か 千葉・房総沖

きょうもグラリ ゆっくりすべり影響か 千葉・房総沖

千葉・勝浦市などで14日、二度にわたって震度2の地震があった。

いずれも、プレートのすべり現象がきっかけとなった可能性がある。

房総半島東方沖のプレート境界面で、「ゆっくりすべり」といわれる、岩盤がすべり動く現象がみられた。

東大地震研究所の平田 直教授は、この現象が起こると、周辺の地震活動が活発化するとの見解を示していたが、12日早朝には、勝浦市などで震度3の地震が発生。

14日午前10時半すぎと正午すぎに、勝浦市などで震度2の地震があった。

平田教授は、今後も1週間程度、地震が起こる可能性があると指摘している。