三輪山に登ってはいけない

三輪山という山はパワースポットとして有名なようですが、元々は禁足の山として入山が厳しく制限されてきたとか。

 

登拝については霊能者によっても登る派と登らない派に別れるようです。呼ばれた人しか入れないなんていう情報もありました。
ものすごい開運するという体験談もあれば、寿命が縮む、恐ろしい事が起きた、なんていう話まで様々。ただの山ではなさそうです。

 

登らない派の意見の一つとして
https://blog.goo.ne.jp/nichikon1/e/c00242822def7514c07ceb27e1dde0d5

ひょうたん良先生は、あらゆる年代の歴史の話をしますが、書物を読んで知った知識ではなく、自身が体験して知っている感じで、話をします。

話の中で、特に気になったのは、私の三輪山登拝のことです。私は、昔から、山が穢れるので、三輪山に登ってはいけないとひょうたん良先生に言われ続けていました。
でも、登りたくて、登りたくて。
ひょうたん良先生に、「いつ登ったらいいのですか」。と尋ねると、「86という数字が今出てきたわ。」ということでした。
私が、86歳の時、または、72年後(2086年という意味)とか。
今、私が、登ったらどうなるのかと聞けば、今まで数千年輪廻転生で生きてきたのが、終わってしまうから。ということでした。
ひょうたん良先生は、実は、三輪山の神様の代理ということを明かしてくれました。

 

他に山がたくさんあるのに、どうしても、その山に登らなければならない理由が、あるのでしょうか。

正直私には登ったほうがいいのか登らないほうがいいのかあるいは人を選ぶのかわかりません。

けれども、触らぬ神に祟りなしという言葉を思い出します

とりあえずGWに三輪山に登ろうとしている人がいたら禁断の果実を、食べない事を勧めます。

 

たとえ呼ばれたとしてもそんな恐ろしい所には行きたくない、、、