ケルト」カテゴリーアーカイブ

I Love Dublin



本場アイルランドはきっとあらゆるものが緑一色だったろうと思う。

アイルランドのカラーはグリーン だから全部緑色に染まるんです。

グリーンは調和の色

聖パトリックとはアイルランドにカトリックを布教した人物

強引に改宗させるのではなく、もともとあった自然信仰と融合する形で広めていった

それで、アイルランドの十字架はケルト十字なんですね

私はレプラコーン美術館で買ったグリーンの帽子をかぶって行きました。

ケルトの宗教観

以下地球の歩き方より抜粋

ケルトの宗教観
ケルトの宗教についてはよくわかっていないが、彼らが残した民話から、生命はあらゆるものに宿り、転生すると信じられていたようだ。死後の世界との行き来もしばしば語られている。特に太陽は重要な意味を持っていたようだ。
自然現象と超自然現象との境も曖昧で、精神性を重視する点では合理主義者の多いヨーロッパ社会では異質とされている。

ケルトの世界に新しい意識を定着させたのは、キリスト教をもたらした聖パトリックだ。ただし十字架にケルトの太陽神のリングが組み合わされているように、「改宗」というようなものではなく、元々の宗教観にキリスト教を取り込んだと考えられる。

ケルト系の文化圏では普通の十字架に円形を組み合わせたものを用いているが、この円形は、古来の太陽信仰を表すとも、輪廻転生の思想を表すとも言われている。