防災・耐震都市 東京はどのようにして滅びるか

スポンサーリンク

これまで何度も焼け野原になっては復興してきた東京

今ではさらに防災スキルは上がり、ちょっとやそっとのことでは揺るがないはずが、一体どのようにして東京は滅びるのか?

様々な予言から、東京が火により滅びることは間違いなさそうです。それはまさに、聖書に書かれた終末なのかもしれない。

ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)
日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日、ひょうたん良先生としゃべっていて、関東大震災の被害について聞いてみました。
発生する時期は、心配する人が多くいるので、言えないと言うことでした。
東京スカイツリーが倒壊するとかは、以前から言っていましたが、ひょうたん良先生が透視すると、東京湾の西側にくの字に 3か所で、巨大火災が発生するということでした。
通常の巨大火災ではなく、地中にある関東ローム層の間にたまっていたメタンガスに引火、ファイヤーボールのようになるということでした。
大きく3か所で発生するそうで、メタンガス引火爆発なので瞬時に火に包まれて、その地域の方は避難することもなく全員焼死するようです。
東京都はどこでメタンガス爆発が起こるかわかっているものの公表するとパニックになるので隠しているとのことです。                                     地下にあるメタンガスに引火、東京は火の海に包まれ、大きなくぼみができると言います。
そこに、大津波が襲います。ほとんどの人が亡くなります。
関東ローム層にあるメタンガスに引火するのは、ひょうたん良先生の未来透視と同じです。メタンガスの大爆発により東京に大きなクレーターができるのも他の霊能者の未来透視と同じです。日本唯一の巫者(ふしゃ)の先生は、未来透視で、府中から調布にかけての地域が火に包まているのが見えたと言っていたので、3か所のうちの一か所は、府中から調布にかけての地域である可能性もあります。
昔、別の霊能者が関東大震災を透視して、巨大なクレーターのような穴があいている。と発表している人がいました。そのクレーターこそが、メタンガス引火大爆発であいた穴だとも思われます。 

日本唯一の巫者(ふしゃ)の先生は、未来透視で、府中から調布にかけての地域が火に包まているのが見えたと言っていたので、3か所のうちの一か所は、府中から調布にかけての地域である可能性もあります。
昔、別の霊能者が関東大震災を透視して、巨大なクレーターのような穴があいている。と発表している人がいました。そのクレーターこそが、メタンガス引火大爆発であいた穴だとも思われます。

マクモニーグルの透視でも2020年より前にスカイツリーが壊れるとか書いてあった。富士山噴火も同時に起きるのでしょう。

改心するなら今のうち、だそうです。改心ってどうやるのかわかりません。

タイトルとURLをコピーしました