「令和」の予言

今回この元号に決まったのも、おそらく意味があってのことでしょう。

私はここに、予言的要素を感じています。

それは、これから「戦争」に突入していくということです。

ここで使われている「和」は、平和の「和」ではなく。「統率」「統制」「命令」による、組織の和であると考えられます。

やはり、他の予言で言われている通りの未来になっていくようです。