【人面魚の予言】危機一髪?直径8mの小惑星、地球をかすめていた 東大

ヤフーのトップにこんなニュースが

危機一髪?直径8mの小惑星、地球をかすめていた 東大

直径約8メートルの小惑星が16日、地球をかすめるように通過したと、東京大木曽観測所(長野県木曽町)が20日発表した。地球と月の間の約半分にあたる22万キロの距離だったという。昨年末には、10メートルほどの小惑星がベーリング海上空に落下したことも判明しており、地球には頻繁に小惑星が接近していることが分かってきた。

昨日の人面魚の写真はどう見ても小惑星の衝突に見えたのだが、これに対する警告だったのか。